Back to top

KARHU パフォーマンスラインの「フュージョン オルティックス」ランニングシューズ

より長く、より速く。それも走る楽しみ方のひとつではあるけれど、走る気持ち良さを心身共に感じてほしいと願っています。 もっとシンプルに、街を、そして自然の中を、駆け抜け、時に自由に立ち止まり、そこで新たな発見をすることができたら、人生そのものがより豊かになるのではないでしょうか。

KARHU フュージョン オルティックス
人間工学に基づいて設計された立体構造のミッドソールを搭載したことで、より長い時間のランニングに。

ORTIX FIT
ミッドソールそのものが立体的な構造

私たちの身体は足にある3つのアーチで支えられています。 ランニングシューズのラスト(靴型)も、足底面に至るまでそうでなくてはなりません。 フィット感をどこまでも追求し続けていく中で、足裏のアーチ形状に沿う曲面にすることは不可欠であるという結論に至り、ミッドソールそのものが立体的な構造となったオルティックスという、既成概念を破る形状を導き出しました。 足裏のアーチをサポートすることで、足本来の機能を導き出し、パフォーマンスを持続させます。

WHY ARE THE INSOLES NOT FLAT?
フィットは足裏から始まる

1.なぜシューズはフラットなのか
オルティックスは人間工学に基づき、足裏部分が立体的なラスト(靴型)を開発。

2.足裏の形に沿った史上初のソールユニット
3次元曲面設計で足裏のアーチをサポート。ソール2層構造によりクッショニングとアーチサポートのバランスによる足の疲労軽減を促します。

3.正しいアライメントに戻すことで
立体的なソールユニットにより足裏から身体のアライメント※が整えられ、最大限のパフォーマンスを持続させます。