Back to top

KARHU(カルフ)のスニーカー、アルバトロス2016秋冬入荷のお知らせ。

欠品しておりましたKARHU(カルフ)のスニーカーの定番色が入荷しました。
サイズはUS4,US5,US6,US7(22.5-25cm)レディースサイズの展開です。

ssDSC02569KARHU アルバトロス ディープネイビー

ssDSC02581KARHU アルバトロス グレー

ssDSC02591KARHU アルバトロス ブルー

ssDSC02595


KARHU カルフ アルバトロス スニーカーの商品ページへ

カルフは1916年フィンランドの首都ヘルシンキで誕生しました。
ブランド名の「KARHU カルフ」はフィンランド語で熊を意味しています。

木材を加工する小さな工房としてスタートしたカルフは、当初スキーの板や陸上競技の槍などを製造していましたが、その後ランニングスパイクの開発を始めました。

フィンランドのオリンピック選手の公式サプライヤーにも選ばれ、1952年のヘルシンキオリンピックではカルフを履いたフィンランドナショナルチームが大活躍します。

その後トップアスリートがこぞってカルフを履きだし、世界的な注目を集めました。

陸上競技用シューズにデザインされた3本ラインのトレードマークを世界的な有名メーカーに上質なウィスキー2本と少しのお金で譲渡したという逸話も残されています。

HISTORY
1916
フィンランドの首都ヘルシンキで木材工房として設立。
スキーや陸上競技の槍、円盤を製造していた。

1920
KARHU(カルフ)に社名を変更。
The Flying Finns
空飛ぶフィンランド人の活躍
オリンピック選手の公式サプライヤーに選ばれた。

1952
ヘルシンキオリンピックでは15個の金メダルを獲得。
陸上競技用スパイクの3本ラインのトレードマークを譲渡。

1960S
トレーニング用シューズ
Tranpasを世界で初めて開発。Mマークは当時のデザイナー
Mantylaのイニシャル。

1970S
Air Cushion midsole system搭載した
ランニングシューズを開発、1976年に発売した
CHAMPIONが世界中で100万足を販売するベストセラーに。

1980S
Fulcrum technologyを開発
革新的なランニングシューズメーカーとしての地位を確立。

1990S-2000S
ランナーの走行効率性向上の技術を研究し続ける


KARHU カルフ アルバトロス スニーカーの商品ページへ

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA