Back to top

やさしい紙素材の収納、桂樹舎&forcの取扱スタート

やさしい紙素材の収納、桂樹舎&forcの取扱スタート

スマホやタブレットなど無機質なものが身の回りに増えていく中で、柔らかく手仕事を感じるものを使いたいと思うようになりました。
紙なら触れたときに柔らかさを感じながらも丈夫に使えます。

紙を素材に様々な技術で作り込んだ紙プロダクト。 優しさと丈夫さを兼ね備え、日常に溶け込む雑貨をセレクトしました。

桂樹舎

桂樹舎(けいじゅしゃ)は、富山市の伝統工芸「八尾和紙」を昔と変わらない製法でつくり様々な商品を製作しています。
素材に使われる型染め和紙は、今でもすべての工程を手作業で行い、ひとつひとつ丁寧に染め上げています。
また独自の防水・防汚加工を施しており、紙とは思えないほどの耐久性を兼ね備えています。

forc

forcは、ちょっとあたらしい生活を職人と共につくるブランドです。「技術の掛け合わせ」や「素材の組み合わせ」など、単独の工房では難しいことを知識/技術/デザイン力を用いて解決し、新たなプロダクトを開発しています。

最初のラインアップであるBOARD SERIES(ボードシリーズ)は、岐阜県笠松町でシルクスクリーン印刷・紙加工・製本を行う有限会社 マルタ工業で製作しています。
素材は古紙を原料とした2mm厚の板紙。「挽き曲げ」「かご」「わっぱ」「成型」などによる木工の技術と紙工の技術を掛け合わせて生まれたプロダクトです。

SIWA | 紙和

SIWAは千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー大直がつくった紙の可能性を広げる日常品シリーズ。工業デザイナーの深澤直人さんがデザインしています。