Back to top

チョコの形は桜島がモチーフ、鹿児島のチョコレートブランド「kiitos」

チョコの形は桜島がモチーフ、鹿児島のチョコレートブランド「kiitos」
ブランド名のkiitosはフィンランド語でありがとうの意味、チョコレートと一緒に感謝の気持ちをバレンタインに

kiitosのチョコレートの原材料は、カカオ豆と有機栽培のキビ砂糖のみ。ふたつの材料だけで作られるクラフトチョコレートです。
ブランド名のkiitosはフィンランド語でありがとうの意味の言葉、チョコレートと一緒にさりげなく感謝の気持ちも贈ることができます。

今回はベトナム、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、ペルーの4種類が入荷しました。

ベトナム

ベリー系の酸味、干し柿のようなとろみ、最後はブラックペッパーなどのスパイスような味わいです。

コスタリカ

レモンのさわやかな広がりのあとバナナ、そして黒糖のようなふくよかな甘みが続きます。

トリニダード・トバゴ

独特のアッシュ系の風味に発酵したようなミルキーな香りがあります。あとから糖蜜の香りを楽しめます。

ペルー

ホワイトカカオの中でも希少価値の高いグランチリリケを使用、シトラスの柑橘系の酸味とフルーツの甘酸っぱさが広がります。
ブランデーのような洋酒やナッツの風味も十分に感じられ味わい豊かな一枚に仕上げています。

カカオニブも入荷しました。

カカオ豆を焙煎して砕き、外皮を取った物で栄養と風味が活かされたナチュラルフード。

ナッツのような歯ごたえ感と満腹中枢が刺激され食欲も満たされると同時にポリフェノール、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、ミネラルなどバランス良く摂ることが出来ます。味わいは深いカカオの苦味や酸味があります。

そのまま食べていただいてもよいですが、ヨーグルト、アイス、グラノーラ、お料理にはサラダやお肉には調味料とあわせて一緒に楽しめます。

kiitos(キートス / 鹿児島)

kiitosとは、フィンランド語で「ありがとう」という意味の言葉です。
カカオ豆などの原材料を生産して良い材料を提供してくれる生産者の皆さん、それらの材料を大事に使ってチョコレートを作る工場の仲間たち、そして、販売していただいているショップさん、チョコレートを食べてくれた全ての皆さんへの感謝の気持ちを、わたしたちのチョコレートの名前にしました。一枚一枚大切につくったチョコレートから、たくさんの「笑顔」が生まれることを願っています。

そして、シンボルマークには、太陽に向かって真っ直ぐに伸びる一本の道が描かれています。道は、真っ直ぐに前を見て、良い(正しい)方向に歩いていくというチョコレートづくりへの態度。素材にこだわり、みなさんに安心して食べていただけるチョコレートをつくるのはもちろんのこと、現状に甘んじることなく、材料選びや製造過程において、常に改善と前進、成長をしていきたいと考えています。また、太陽はわたしたちの未来を照らす光。夢や希望、「ありがとう」を伝える笑顔の象徴です。
それが、シンボルマークに込めた皆さまへの約束とわたしたちの想いです。

チョコレートの形は、鹿児島県民の誇りでもあり、鹿児島の象徴でもある「桜島」がモチーフ。お召し上がりやすいように溝をつけました。

kiitosは、カカオ豆からチョコレートができるまでの全工程、選別・焙煎・粉砕・調温・成形・包装を管理・ 製造する〝ビーン・トゥ・バー〟チョコレートの製造工房です。原材料は、厳選したカカオ豆ときび砂糖だけ。現在はベトナム 、ペルー、ガーナ産のカカオ豆の個性を活かして、 ザクザクとした食感のクランチと、口溶け滑らかなスムースの2タイプ作っています。クランチタイプは、コンチング時間が少ない分、カカオの香りが高いとチョコレート好きに人気のライン。またスムースタイプは、二日間ゆっくりと時間をかけてコンチングすることで滑らかな口どけにより食べやすいタイプです。いずれも成形したチョコレートは、最低でも一週間は寝かせ、味を安定させてから出荷しています。kiitosは、カカオ豆から作ったチョコレート本来の香りと味わいを楽しんでいただける、こだわりのメイド・イン・鹿児島のチョコレートです。