Back to top
Share

散歩や旅行などの歩くおでかけに着て欲しいウェア、DANSKIN(ダンスキン)

しなやかに生きる。

MAKE THE REAL BEAUTY.

美しさとはなんだろう。
ダンスキンは、強さとしなやかさを兼ね備えた
自然体の女性にこそ、本質的な美しさが宿ると考えます。

伸びやかな身体、ふとした仕草や何気ない表情、
飾らない笑顔が女性たちの美しさを作り上げ、
アクティブなライフスタイルは
心と身体をさらに輝かせてくれます。

強くしなやかに生きる、すべての女性たちのために。

HISTORY

ダンスキンが生まれたのは、1882年。
グッドマン・ファミリーが、ニューヨークにインポートレッグウエアの店を開いたことから歴史はスタートしました。
お店は、ダンサーたちの間でまたたく間に大評判となり、ほどなくダンサーのニーズに合ったアイテムを製品化するようになりました。「Dance(ダンス)」と「Skin(肌)」を掛け合わせた名前には、第二の肌のようにダンサーたちの身体を包み込むウエアを世に送り出したいという願いが込められていました。
ダンスウエアのパイオニアとして、タイツ、レオタード、チュチュはもちろん、新しく提案するアイテムやカラーは、ブロードウェイダンサー達に旋風を巻き起こし、米国のダンスウエアのスタンダードになりました。
1960年代末には、クラシックなダンスレオタードの形を踏襲しながらも、より多目的に着用できるナイロン製の“ボディースーツ”を発売。着脱の利便性やファッショナブルなスタイリングで提案したこの新製品は、それまでのコアターゲットであったダンサーだけでなく、流行に敏感な若い世代の女性たちをも魅了。ブランド史上最も象徴的なアイテムとなりました。

日本上陸は1982年。
ダンスの楽しさを取り入れたエアロビクスやマシントレーニングなど、フィットネスがブームの時代。人と競い合うのではなく、自分らしい方法でスポーツを取り入れることが浸透しはじめた日本でも、人気のブランドに。
1983年大ヒットした映画で、ダンサーを目指す女性のウエアがダンスキンだったことも、日米でブランド成長の追い風となりました。
その後も、多様化するワークアウトのニーズに応じ、ヨガやランニングなど、時代で変化する女性と共に成長してきました。
今日では、ニューヨークシティバレエ団などのプロフェッショナルなダンサーのウエアから、トレーニング、ヨガ、ランニング等に適した高機能で身体を綺麗に見せるシルエットにこだわったスポーツウエア、そして快適なデイリーウエアまで展開。アクティブに美しくありたい全ての女性に愛されています。